2018年にMOOSIC LAB出品用に制作され審査員特別賞を受賞したロックバンド・トリプルファイヤーとのコラボレーション作『普通は走り出す』が海外の映画祭を経て劇場公開!…さらには渡辺紘文が率いる大田原愚豚舎の過去作品を世界初の特集上映が10月25日(金)~11月14日(木)にアップリンク吉祥寺で開催となる。

映画制作集団「大田原愚豚舎」は2013年、日本映画界の巨匠 今村昌平監督の長男 天願大介氏が命名し、映画監督の渡辺紘文と映画音楽家 渡辺雄司兄弟によって旗揚げされた映画制作団体。渡辺兄弟の故郷、栃木県大田原市を拠点に独自の映画創作活動を展開し、精力的に作品を製作・発表・上映し続けている。長編映画『そして泥船はゆく』『七日』『プールサイドマン』『地球はお祭り騒ぎ』が4作連続で東京国際映画祭への正式出品。『プールサイドマン』は東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門・作品賞を受賞。さらにドイツのニッポンコネクションにおいて、ニッポン・ヴィジョンズ審査員賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けている。今回が世界初の特集上映となる。

「普通は走り出す+異能・渡辺紘文監督特集」
日時:10月25日(金)~11月14日(木) ※20:00台を予定
上映作品:普通は走り出す/八月の軽い豚/そして泥船はゆく/七日/プールサイドマン/地球はお祭り騒ぎ(全6作品)
劇場:アップリンク吉祥寺
料金:一般¥1,500/ユース(22歳以下)¥1,100/アンダー18(18歳以下)¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000

特別鑑賞3回券、アップリンク吉祥寺窓口にて好評発売中!当日一般¥1500×3枚のところ¥1200×3枚(=¥900お得!)さらにオリジナルステッカー付き限定100セット!

 

↓詳細はこちらからどうぞ!

異能・渡辺紘文監督特集「大田原愚豚舎の世界」