6/6(土)からの一週間、MOOSIC LAB 2019作品を新潟シネ・ウインドにて上映します。上映スケジュールは以下の通りです。

☆6/6(土)
12:10~ 新潟Aプログラム 蝸牛+死んだほうがマシーン+眠る虫
14:30~ 新潟Bプログラム ビート・パー・MIZU+ドンテンタウン
☆6/7(日)
12:10~ 新潟Cプログラム Afterimage+追い風
14:30~ 新潟Dプログラム テラリウムロッカー+東京の恋人
☆6/8(月) 
12:10~ 新潟Eプログラム 海辺の途中+ゆうなぎ
14:30~ 新潟Fプログラム sleepers+ソウル・ミュージック+GEEK BEEF BEAT
☆6/9(火)
12:10~ 新潟Gプログラム トーキョー・ロンリー・ランデブー+眉村ちあきのすべて(仮)
14:30~ 新潟Hプログラム たまつきの夢+男の優しさは全部下心なんですって
☆6/10(水)
12:10~ 新潟Bプログラム ビート・パー・MIZU+ドンテンタウン
14:30~ 新潟Aプログラム 蝸牛+死んだほうがマシーン+眠る虫
☆6/11(木)
12:10~ 新潟Dプログラム テラリウムロッカー+東京の恋人
14:30~ 新潟Cプログラム Afterimage+追い風
☆6/12(金)
12:10~ 新潟Fプログラム sleepers+ソウル・ミュージック+GEEK BEEF BEAT
14:30~ 新潟Eプログラム 海辺の途中+ゆうなぎ

以下、井上支配人からの愛情たっぷりの解説をそのまま転載します!

 

6/6(土)からの一週間、音楽×映画の祭典=MOOSIC LAB2019の全作品をシネ・ウインドにて上映6/6(土)からの一週間、音楽×映画の祭典=MOOSIC LAB2019の全作品をシネ・ウインドにて上映します。FUTURE FILM COMPETITIONの8作品&SHORT FILM COMPETITIONの10作品、どどどっ、て感じでお届けする1週間です。6月上旬はまだシネ・ウインドは短縮営業の期間。思い出深い週になるでしょう。


今回も審査員を務めて頂いた井上支配人の長編部門グランプリ推しは安楽涼×DEG『追い風』。(準グランプリに『東京の恋人』審査員特別賞推しに『眠る虫』でした。)

井上支配人の短編部門グランプリ推しは外山文治×蠣崎未来『海辺の途中』。(準グランプリに『ビート・パー・MIZU』審査員特別賞推しに『Afterimage』でした。)

この春は新型ウイルス騒動で、心に嫌な汗をかいたような季節でした。気持ちと心と頭と体がずれている嫌な感じ。そんな毎日の中で私たちに力をくれたの事の一つに、過去のMOOSIC LABを通じて知った個性的な映画関係者の方々からの応援がありました。「入会しました」「募金しました」「ツイッターで拡散しています」「ミニシアターを応援しています」などなど、彼らの行為や声から確実にはげまされた。今は以前に比べ徐々に回復しつつあるシネ・ウインドとして応える形の一つとして考えたのは、なるべく早くムーラボ2019やろう。作品ごとの単体上映ではなく先ずは音楽×映画の祭典に浸ってもらおう。この6月にMOOSIC LAB2019やる大きな理由です。

※シネ・ウインドさん「明日のため募金」募集中です!もうすぐ1000万!こちらも是非ご協力ください!

再開後のシネ・ウインドはスクリーン体験好きな比較的お年を召された映画好きの割合が、これまでより多いと思います。シネ・ウインドに今通っているお客さんたちにぜひMOOSIC LABを届けたいな。今回の18作品を通じ、古くからの映画ファンにも日本の多彩な映画監督や俳優、ミュージシャンに関心持ってもらえるよう知恵絞っていきます!

ーーー井上経久(シネ・ウインド/支配人)

→詳細・スケジュールはシネ・ウインド公式サイトに後日アップされます。ご確認ください!

カテゴリー : NEWS