ヨーロッパ最大のアジア映画祭として毎年4月下旬にイタリアで開催されていた「ウディネ・ファーイースト映画祭」が、今年はコロナウイルスの影響を受け、時期を変更してオンライン上映(6月26日~7月4日)に切り替えて実施することが決定。

その中で、映画制作団体「大田原愚豚舎」の渡辺紘文監督の特集上映が決定!弟の映画音楽家・渡辺雄司ともに、故郷・栃木県大田原市を拠点に独自の映画創作活動を展開し、精力的に作品を製作、発表、上映し続けている渡辺監督。「Comic Poet of the Everyday(日々の可笑しみの詩)”をテーマとする特集ではMOOSIC LAB 2018審査員特別賞の「普通は走り出す」、東京国際映画祭・監督賞の「叫び声」と同映画祭出品作品「地球はお祭り騒ぎ」に加え、最新作「わたしは元気」がワールドプレミア上映される。

「ウディネ・ファーイースト映画祭2020」は、バーチャル・パスが6月8日から発売。オンライン上映は6月26日~7月4日の期間で視聴可能。詳細は、公式HPで更新される。