東京の台東区に佇む築92年の元銭湯「快哉湯」にて、浴場の天井に作品を投影し、ゆったり寝転びスタイルの映画鑑賞を。普段は入ることのできない快哉湯の元浴場スペースでのユニークな空間を提供する「寝転びシネマin銭湯」が始動。第1弾として本年度公開の映画ドンテンタウンがセレクトされた。

MOOSIC LAB 2019で準グランプリを獲得した本作は、新鋭・井上康平監督が佐藤玲と笠松将をW主演に迎え、ex.シャムキャッツの菅原慎一が劇伴と主題歌を手掛けた、団地を舞台にした奇妙でポップな味わいのニュータウンムービー。第34回東京国際映画祭を始め、様々な場所で上映をされてきた本作は、今回のイベントでは監督の井上康平と劇中の音楽担当、菅原慎一による貴重な”生オーディオコメンタリー付きで全編上映する。

映画鑑賞後には菅原慎一によるミニライブ、歓談会も実施。ソーシャルディスタンスを保った12名限定のプレミアムチケットとなる。ここでしか楽しめない映画『ドンテンタウン』の新たな魅力を体験しよう。

Iriya New Media×MOOSIC LAB
寝転びシネマin銭湯 [超体感ドンテンタウン]
[チケット] ¥5,000(お土産付き) ※12名限定
[内容]
本編生コメンタリー上映(井上監督×菅原慎一ほか)
ミニライブ(菅原慎一)
歓談タイム(井上康平監督、菅原慎一ほか)
[会場] : 快哉湯(〒110-0004​ 東京都台東区下谷2-17-11)
[日時] 12/6 開場19:30 終了22:30
[主催] Iriya New Media
[企画協力] SPOTTED PRODUCTIONS
※マットに寝転んでの鑑賞となるため、枕などの持参をお願いします。

チケットお求めはこちらから→https://eventinm.peatix.com/

カテゴリー : NEWS