———2017年のムーラボがある種ハイレベル過ぎて、2018年はもうムーラボないかもってずっと主宰の直井さんが言っていて。そんな中、短編部門に出演していた女優の日高七海さんと話す機会があって、面白い人いたら教えてって言ったら前田監督を紹介してくれたのがきっかけらしいですね。前田監督の前作「朝にかえる」という映画を見せてもらったんですが、シンプルに堂々と会話劇で重ねていて、語り過ぎす、情緒があって。インディーズ映画ならではの面白さがありました。

前田:ありがとうございます。その時の主人公の設定もシンガーソングライターを目指している女の子で。主人公が全く演技した来ない人で…私は演技した来ない人が好きなんですよね。

———今回の小倉さんしかり、そういう役者じゃない人を使うっていうのは何かあるんですか?前田監督は元々女優というのもありますが。

前田:私は、ドラマとか演技ってこういうものだよね、っていう正解があるのが得意だったんです。それをいかに汲み取れるかって人が上手い下手って思い込んでいて。本当に演技やったことない人って、本当の反応をしちゃったりしてすごくシンプルだったりするんです。それも含めて、演出側にもフィードバックがあって…ここの脚本が悪かったのかなあとか。プロじゃない人の方が味があっていいなって思いました。

———ムーラボもそこが重要だったりしますよね。ミュージシャンが出ることもあって、演技メソッドを知らない強みとか、人前で演奏し続けて来ているオーラとか。役者では絶対出せない魅力といいますか。ちなみに前田監督が今回書こうと思った話って、自分の経験値に基づくものですか?

前田:すごい青臭いことを言うと「朝にかえる」と今回のはこういうことをテーマに撮りたいと思ってたものが大体決まっていたんです。一番最後にやりたいと思っていたのが、今回ので。作品にするためにアレンジしてるので、変わったりはしてるんですが、いつか映画にしたいなと思っていたので、できてよかったです。元々は撮る側を知り、演出を知りたい、演技の足しにしたい、役立てたいと思っていて一度監督をやろうと思ったんです。でも気づいたらずっとやってる(笑)その間に辞めたり就職したりして…でもずっと映画とか演技とか表現することには繋がっていたいかなと。

———なるほど。そしてお待たせしましてすみません、主演の小倉青さんにもお話を伺います。小倉さんは女優っていうのは、興味はあったんですか?

小倉:ないです。

———小説が書きたいと言ってましたよね。今回はなぜ参加してくれたのですか?

小倉:ミスiDの小林司さんから企画書が送られてきた時に、前田さんの顔写真があって、かわいいなって。その人はなんで撮ることにしたんだろう、その、多くの人に見てもらうなら、webとかで公開してもいいんじゃない?何で映画なんだろう?って思いまして。まず話してみたいなって。

———実際お会いしてどうでしたか?

小倉:興味が湧いてきました。前田さんが、自分の人生を投影して書いている作品だなって思ったので。前田さんを知ることになるなと思ったので、やってみたいなあと。

———前田さんは今回は結構自分をさらけ出しましたか?

前田:言いたいことを直球で書いたのは今回が初めてかなと。観てもらいたいという気持ちも強かったので。だから本当は観てもらうの恥ずかしいです(笑)きっともうこういうことってできないんじゃないかって思ってます。よく自分のことを書いてしまえば誰でも一本は映画取れるって言うけど、学生時代の最後にやらせてくれよ、言いたいこと言わせてくれよ、みたいなのは強かったと思います。

———茜という役柄については話し合いましたか?

小倉:撮影中にこの台詞はどういう解釈でいればいいのか、とかそういうのはありました。

前田:私は小倉さんの事をもっと知ろうと思いました。小倉さんにしかできない、小倉さんじゃないと意味がない茜にしたかった。元々の設定とか全然違っていて、小倉さんが演じる茜なら周りはこうしようとか、小倉さんを中心にして全てを考えました。

———小倉さんどうでした?初めてやってみて。茜というキャラクターは。

小倉:気持ちはわかるなあと思いました。自分は作っていたい側という気持ちはわかるし。だけど本当は何かくすぶってるんだろうなとか。クールに見せかけて過激な部分があるところとかわかるなって。

———そのキャラクターが前田監督なんだろうなってことも考えながら?

小倉 :そうですね。やっぱり茜の前にはマホがいて。そういうのは前田さんの気持ちなんだなって。マホ的な人がいたんだろうなって。

前田:いましたね。普通に生きてて、茜みたいな存在っているんですよ。気づかないようにしてるか気づいてないか、誰かに劣等感を抱いてる人。それが今回はマホと茜っていう。私もそういう存在がいましたし。マホさんも本人のキャラクターに合わせました。どれくらいキラキラするかによって、作品の説得力って変わってしまうと思ったので。彼女に影っぽいのを感じないのがすごいなと。感じさせない、プロ根性なのかもしれないですが。

小倉:今回の「青春っていつも何かが足りない」はどうやって選ばれたんですか?

前田:MINT mate boxはex.ふぇのたすのヤマモトショウさんがプロデュースしていて。直井さんの方で、前田さんのプロットを読んでた流れでライブで聴いた「青春っていつも何か足りない」って曲がハマるんじゃないかな?って思って、紹介してもらったんです。最初、大丈夫かなって思いました。私の映画に合うのかなこんなに明るい曲…って(笑)とにかく毎日聞きました。夢にも出ました。

小倉:私はクランクアップした帰りに聞こうとしたらつらくて聞けなかった。もうマホの声聞きたくないって思った。

前田:それくらい入り込んでくれましたよね。

———でも、ここに寄り添うような曲を付けちゃうと、トゥーマッチというかね。「聖なるもの」もボンジュール鈴木さんの曲って歌詞が切ない片思い感で報われませんみたいなある種暗い歌詞なんだけど、めっちゃポップで明るいからいいっていうか、そういう事なのかと。

前田:実は、脚本完成後、曲をじっくり聞いたんですけど、結構感動しました(笑)マホがあの曲を歌った時に本当に救われない、本当に光も影になってしまうような…まあでも見てもらわないとわからないんですけど。

———いろんな見方がありますからね。観る人によってはハッピーエンドなのかもしれない。

小倉:バッドエンドでもないし。

———こういう映画って結局最後、ライブがあって、登場人物たちがそれを観て何を思う、っていうのが想像しやすかったんですけど、ちょとひねくれてるんですよね。そういうところに前田監督の意思が貫かれてるのがいいなあと思いました。

前田:そこはやりたいことを通して、その分、女優さんたちに迷惑かかる部分もあるんですけど。自分の作品だからって押し通しました。

———小倉さんから見たMINT mate boxさんたちの印象は?

小倉:一緒に撮影はしてないんですけど、常にマホの存在はあって。ずっとマホのことばっか考えてて。共演としては、ずっとほかの3人とやってたので。でも茜としては、その3人はただのお友達で。撮影期間中はマホのことばっかり考えてました。

前田:小倉さんの思いつめた時の顔がすごくいいんですよ。最初の方とかは、顔合わせの時の立ち稽古みたいなのさせて頂いた時は、ちゃんと目を見るし人の話をちゃんと聞こうって。優しすぎたんですね。これ逆にどうしようって。私の描きたい茜と小倉さんが全然違うから。撮影期間中とかも、もっと強くていいよって。なにか触る時ももっと適当でいいよって。ずっと言い続けてました。ずっとマホのこと、嫉妬だけを考えてって。その時の顔がすごく良かった。その他にもすごく説得力のあるシーンが撮れました。楽しみにしててほしいです。

小倉:観るのが怖い…(ボソッ)

——— (笑)ほかの役者さんは演技慣れてると思いますけど、助けられた部分ありますか?

小倉:そうですね…。本当に会話してるみたいになれたので。でもやりやすいやりにくいは考えてなかったです。だからこそ自然にできたのかなって思いました。

———現場の雰囲気はいい感じだったなのかな?とオフショットとかあがってたのみるかぎり。

前田:キャストの女子高生メンバーが、4人ともプライドが違うんですよ、キャスト自身が。性格も相反する人を集めたので、仲良くできるかなって不安だったんですけど、みんな本当に仲良くてそれが本編にもすごい出ていて。すごいみんな固まってしまう瞬間とかは、小倉さんや柳澤さんとかはまだ演技に慣れていない状態なので、それが本編に出たらどうしようって感じだったのですか、それが全くなかったので良かったです。

小倉:スタッフさんがみんな学生で。キャストもみんな20代前半とかだったから、同じくらいの年で仲間意識が芽生えてました。

前田:私も仕切れるタイプではないし、スタッフも慣れてわけじゃないので…。スタッフも機材もやろうと思えば、充実できたとは思うんですけど、ムーラボで今やることではないかなって。みんなで作っている、みんなにとって同じ大切さのある作品にしたいと思っていたので。プロアマで違うと思うんですけど。プロって作品に対しての関わり方って違うと思うんです、誰もみんな同じで、作品に対して思いが持てる作品にしたかった。準備稿とかもみんなに配ってみんなの意見聞いたりして脚本書いたりしてました。

———最後に一言ずつお願いします。

小倉:MINT mate boxさんのファンは特に、みんなさわやかな学生ものだと思ってるはずですが、人生でどこかで挫折した人が見たらすごく共感してもらえるんじゃないかと思うし、たとえ何にもなく過ごしてした人でも心に突き刺さってしまうんじゃないかと思います。この映画を見たら前田聖来が分かると思います。

———ある種前田監督の名刺のような映画ができているのかもしれませんね。入江悠監督の出世作「SR サイタマノラッパー」のように。

前田:ロマンのある男の子映画ですよね。その言葉を借りれば、女の子の恥ずかしい映画かも。私、ミスiDの小倉青さんの自己PRの動画見たときにすごい不器用だな、この人本気で売れたいのかなって思って。リアルにそういうこと言ってるみたいなのも聞いていたので。本当それが面白くて。もしこの人が、近くに存在してたらすごい嫉妬してたな、近くにいなくてよかったって思った。そういう気持ちが面白いなってところから始まって、小倉さんが今の場所に連れてきてくれたって、本当にそう思います。連れてきてくれた場所に対して、今は答えたいです。私の自己満足かもしれないですけど、小さな映画だし、どういう広がりがあるかわからないから、あとは皆さんがどういう風に捉えるかだとは思います。予想とは違ってもいい作品になると思ってます。とりあえず一回は見てほしいです。(聞き手:宇壱不壱)


『いつか輝いていた彼女は』
出演:小倉青、mahocato(MINT mate box)、日高七海、里内伽奈、柳澤果那
監督・脚本:前田聖来|劇中歌:MINT mate box|企画:直井卓俊|カラー|ステレオ|50分(予定)
2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

★クラウドファンディング実施中!